調査報告書の出来を確認

浮気調査が終わったら、調査報告書を受け取ります。
その調査報告書は今後の問題解決をスムーズにするための重要な資料となります。

 

依頼者が勘違いしやすいのが、調査報告書を受け取れば、調査報告書さえあれば問題解決、怖いものなし。と思っている点です。

 

本当に大切なのは、『調査報告書の中身』です。
調査報告書が、実際に裁判のときに使えないのでは意味がありませんよね。

 

そこで、使える調査報告書とはどういったものか、確認する方法をまとめます。

 

○使える報告書の主な条件とは?

 

まずは、探偵事務所がどのような調査報告書を作っているか、サンプルを見せてもらいます。
調査報告書のサンプルはホームページに載せているところが多いですが、実際に見せてもらうのが一番です。

 

そこでのチェックポイントは、日にちや時間などは細かく時系列がきちんと記録され、記入されているかどうか。
写真が鮮明ではっきりしている、複数枚の十分な写真、動画、不貞行為が認められる場所で撮影されているか。
配偶者や浮気相手の特徴が細かく書かれていることは忘れずに確認しましょう。
調査報告書は細かく記載されているかで、使えるかどうか決まります。
時系列など、配偶者の行動が細かく写真や動画とともに、記録されているか確認しましょう。
注意点は、写真が暗すぎる、人物が特定できない、肝心な証拠を押さえるところが残っていないといったところがないかどうかです。

 

また、調査報告書がどのように作成されているかもチェックしましょう。
例えば、弁護士などと一緒に作成されているか(裁判で勝つために、法律をわかっている人が作った報告書かどうか)を確認します。
弁護士が在籍している場合でも、調査報告書はどのように作成されるかを確認しましょう。

 

調査報告書も見せてもらったし、これなら大丈夫!と安心するのはまだ早いです。調査報告書を受け取り、それをどう使うかが重要ですよね。
旦那さんや奥さんにいきなり証拠を突き付けても問題がこじれる可能性が高いです。
調査報告書ができあがり、その後のアフターフォローはどうなっているのかも同時に確認します。

 

せっかく、調査報告書ができあがっても、その使い方が間違っていると効果が発揮できません。
調査が終わった後も、弁護士のアフターフォローが受けれるのか、また今後の問題解決のための相談にのってくれるかどうかも確認しておきましょう。