別れる別れないに関わらず証拠は押さえておこう

浮気しているかも・・と何となく感が当たることって結構あります。

 

普段の行動がいつもと違うといった分かりやすいものや、LINEやメールなど実際に目で見てしまったものがよくあるパターンです。
最近では、SNSで出会って浮気や不倫に走る人も多いです。
そういった、いろんな『浮気とみられる証拠』が出てくるかもしれませんが、それだけで浮気と判断する、また配偶者や浮気相手に対して、『浮気の証拠』として、差し出すには不十分です。

 

よくある、親密な関係を示すメールのやり取りや写真、普段の行動がおかしい。といったことでは、浮気の証拠にはならないのです。
ここでいう浮気の証拠とは、『不貞行為のありなしをはっきりさせる』ということです。
メールや写真では、『浮気の可能性がある』という程度になってしまい、決定的な証拠とはなりません。
たとえ、メールの内容が浮気や不倫している様子の文面でも、法廷で出せる『浮気の証拠』としては認められません。
浮気の証拠をきちんと押さえておくこと、つまり『不貞があったという証拠』を得ることで、別れる、別れないにかかわらずこちらの出方を替えられたり、慰謝料を請求できる対象となり今後の問題解決に有利になるし、強みにもなるのです。

 

どうして浮気の証拠を持っておいた方がいいのかというと、慰謝料を請求するためだけではありません。浮気の証拠をつかむのは目的ではなく、今後の問題解決への材料として持っておいたほうがいいということです。

 

材料があればいつでも料理できます。問題が起こった時に何も準備をしないで、慰謝料請求する!という気持ちだけではどうにもなりません。実際問題が起こったときに、何も差し出せる証拠がない・・とならないように、使える決定的な証拠を出せるようにしておきましょう。

 

もちろん、浮気の証拠がつかめても必ずその証拠を使わないといけないわけじゃありません。
大事なのは、あくまでこれからどうやっていけばいいか、良い方向に向かうにはどうすればいいかを決めることが目的です。今後の方向性をより良くするための可能性を持っておくのです。
そのためにも、『確実な浮気の証拠』を押さえておく必要があるのです。